北海道パラダイスウィークレポートNo.7 翌日〜最終日

8月11日
 朝6時に目が覚めた。さすがにちょっと身体がだるいが1500km走ったことを考えれば大したことはない。PBP1200kmを走り終えた翌日はアキレス腱が腫れ上がり、両膝は立ち上がって自分の体重を支えることができず腰もがたがたに痛くてベッドから起き上がれない程のとてつもない疲労感に比べれば今は全くないに等しい。今日もどこかに走りに行きたいというモチベーションもある。
 とりあえず御腹が空いたので朝食。

 走行中は野菜の摂取量が絶対的に不足していたのでサラダをたくさん食べる。今日の昼はジンギスカンなのでちょっと控え目にする。

 どこを走ろうかとネット検索しながらうだうだしていたら時間が経ってしまいもうすぐ昼、サッポロビール園で行われる打ち上げ懇親会の時間が迫ってきた。ジンギスカンにビールだが、やっぱり午後はちょっと走りたかったのでノンアルコールを決め込んでバイクで行くことにする。PBPオフィシャルジャージの”正装”で出発する。
 ホテルからサッポロビール園までは3kmちょっと、のんびり走って12時半前に現地着。
 会場が良くわからずきょろきょろしていたらAJ北海道のスタッフさんに声をかけて頂いて無事会場入り。

 会場には既に多くの参加者で賑わっている。

 肉!

 AJ北海道のスタッフの発声で懇親会スタート。周りの人達が美味しそうにビールを飲んでいるのがちょっと羨ましいが、ウーロン茶片手にひたすら肉を食いに走る。ジンギスカン好きの小生としてはどんどん食べられてきりがない。
 会場内は声が響き過ぎて近くの人の声も聞き取り難かったので会話するに苦労したが、色んな人と会話ができて楽しかった。2時間があっという間に過ぎて楽しい懇親会も御開き、AJ北海道のスタッフさんに挨拶して会場を後にする。

 サッポロビール園の建物。

 市街地の直ぐ傍を流れる豊平川の河川敷に作られたサイクリングロードを軽く流すことにした。

 札幌周辺にはサイクリングロードが何本かあって支笏湖にも通じているらしい。

 10kmちょっとをのんびり流す。

 河川敷には広場や運動施設がたくさんあって人もたくさん集っている。

 ホテルに戻りちょっと昼寝の後バイクをパッキングする。
 18時を過ぎ、一人打ち上げ本番に出かける。場所は予め旧友に紹介してもらった店に狙いを定めてある。ホテルから直ぐの飲み屋ばかりの雑居ビルの一角にある小さな店だ。
 店に入って座っていいかと尋ねたら、女将さんが「構わないけど今日はちょっと普段の対応はできない」と言う。聞けば今日は店の常連さんがそれぞれつまみを持ち寄って楽しむ納涼パーティーの日だという。他に行くあてもないしこういうハプニングも旅の醍醐味なのでそのまま座らせてもらう。
 ビールを飲んでいたら三々五々常連さんが店に集まって来て徐々に盛り上がっていく。穏やかで人情味ある女将さんと常連さんはそれぞれキャラが立っていてまるで映画の設定のように面白い。突然のよそ者にも良くしてくれて会話も弾み滅茶苦茶楽しい!ビールもどんどん進む。

 常連さんがそれぞれ用意してきたつまみも御相伴にあずかる。特にスープカレーは絶品だった。

 楽しい数時間はあっという間に過ぎ去り、結構酒も回って来たので女将さんに別れを告げて店を出た。今は地元に馴染の店を持たない身としては、こんな居心地のいい小さな飲み屋が身近にあったらなあと何とも後ろ髪を引かれる思いで店を後にした。

 もうちょっと場所を変えて飲みたかったので、予め調べをつけておいたJazzバーへ向かう。残念ながらそこは先客で席が埋まっていたのですごすごと退散。一旦ホテルに戻って別の店を探そうとネット検索しているうちに寝落ちしてしまい、すすきのの最後の夜は終了した。

8月12日
 7時起床。典型的な二日酔いの症状でふらふらする。
 とりあえず朝食。

 控え目で終了。
 10時にホテルをチェックアウト。バイクパックを近くのクロネコヤマトまでハンドキャリー、1km足らずの移動だが今回の北海道ツアーで一番ハードな作業だった。最初に送った時は中身のダメージは殆どなかったので、送り返しは保険の金額を30万円に下げ保険料を安くして送った。
 フライトは13時、ちょっと時間に余裕があったので、札幌市内を散策。

 昨日は行けなかった狸小路

 街角でロードバイクをよく見かける。綺麗に区画整理された札幌の今風の街並みにバイクは良く似合う。

 北海道議会の赤煉瓦の建物。

 札幌駅。

 11:10発のエアポートライナーに乗る。

 それぞれの列車の乗車口を示す案内板が懐かしい。

 12時前に新千歳空港着。時間があるのでパラダイスウィーク中に食べられずにいた豚丼を食べる。

 ボリューム満点で旨い!

 定刻通り13時過ぎ、機上の人となる。

 15時前に羽田着。東京はいい天気、暑い!!モノレールから東京の街並みを眺めていると北海道での日々がまるで夢の中の出来事のように思える。

 羽田から直接バンド練習というより飲み会に合流するため三鷹に直行、いつもの様にバンドのメンバーと盛り上がる。

 何時に帰宅したか定かではないがとりあえず北海道パラダイスウィークはこれにて無事終了した。