BRM919埼玉1000/第2日目:仮眠ポイント1・喜多方〜仮眠ポイント2・秋田(330km/620km)

 9/20(日)、朝4:50に目が覚めた。眠い。鏡を覗くと両目が結構充血している。そこそこ疲れが残っている様だ。やはり昨日の日中の暑さによるダメージが大きい。PBPの時の様にすっきりした寝覚めとはいかない様だ。
 もたもたと身支度をしてホテルを5時過ぎに出発。予定より若干早め。

 喜多方の早朝の空は曇りでまだ薄暗い。
 4km程走って交差点で信号待ちで停まった時、反射ベストを着た人がバイクに乗っているのを見かけてふと自分を見たら反射ベストを着ていないことに気が付いた。ホテルに忘れた!慌てて引き返す。
 ホテルに戻り反射ベスト確保。ブルベ走行中に忘れ物をして取りに戻ったというのは過去に記憶がない。疲れで注意散漫だった様だ。

 気を取り直して5時半過ぎに再出発。結局予定より若干遅めになった。

 今日のコースは喜多方から秋田までの330km。

 峠越えは山形入りの県境と秋田入りの県境の2つ。

 半袖ジャージだとちょっと肌寒いがそのうち身体が温まってくれば気にならなくなるだろう。

 米沢まで44km。

 大峠への本格的な登りが始まる。山頂までは10km位か。

 勾配はほどほど。ぼちぼち登って行く。

 猿がいた。

 山には厚い雲がかかっている。山の向こうは雨が降っているかも知れない。

 トンネルが出てきた。ぼちぼち山頂か。

 大峠トンネル到達。ここが山頂か。全長3940mは長い。
 とにかく長いトンネルだが車通りが殆どないのが幸い。

 ようやく出口が見えてきた。

 山形県に入った。

 下るうちに路面が濡れて来てそのうち雨が降り始めた。雨は酷くはないが路面がしっかり濡れているのでシューズや靴下が濡れてしまった。

 30分位走ったら雨も上がり路面もすっかり乾いた。
 ようやく落ち着いて田舎道をのんびり走る。

 単線のローカル線の踏切に引っ掛かる。運が良いのやら悪いのやら。

 青空が出て来て爽やか。

 気温21℃

 白鷹町に入った。

 368km地点の通過チェック1に到着、チェックタイムは9/20の8:49。

 ここは通過チェックなのでクローズ時間に拘束されないが、仮にPCだったとしてクローズ時間は計算上9:12、23分のマージンでオンタイムだ。

 ここでも丼プリン。20分程休憩して出発。


 最上川流域を走っているが、最上側は蛇行しているので何度も渡る。

 ひたすら真っ直ぐな道を走る。気温も上がって来て、昨日程ではないがちょっとぼーっとしてきた。今日も日中は我慢の走りが続きそうだ。

 オレンジのコスモスが道沿いに続く。こういう季節なんだな。

 防風フェンスを見ると東北を走っているという気になる。

 山道に入り、結構な勾配の坂が出てきた。

 山頂は頭上。大汗掻きながらゆっくりと登って行く。

 距離は短いけど結構な高さまで登っている。

 ようやく山頂。名もない小さな峠だけど印象に残る登りだった。

 前輪のブレーキをかける度にキーキー音を立てていたので止まって修理。ブレーキシューに刺さった金属片を取り除く。音も消えてすっきり。

 山頂を越えて舟形町に入った。

 道端のススキが秋っぽいが昼の日差しは結構きつくてまだ夏の様だ。

 田んぼも広い。ぼちぼち刈り入れか。

 PCのある真室川はもう直ぐ。

 鮭川沿いを走る。

 474km地点のPC3に到着、チェックタイムは9/20の13:47。

 20分程休憩して出発。

 PCを出て1時間程微妙なアップダウンの連続を走る。昼下がりの気温が高く今日もバテ気味。以前は暑さは平気だったのにここのところ直ぐにバテるのは何故だろう。夏錬が足りていなかったか。

 いつの間にかだらだらとずっと登り続けている。どうやら2つ目の山越えが始まった様だ。

 鉄道と並行して登って行く。大滝と言う小さな無人駅。

 道端に積まれた木材の山。

 近付いてみると結構でかい。

 だらだらと登る遥か先まで山々が連なっている。どれだけ登るのかちょっと途方に暮れる。事前の地図読みではこんな長い坂とは認識していなかった。

 ようやくトンネルが見えてきた。山頂か?秋田まであと120km。

 雄勝トンネル到達。ここが山頂の様だ。

 トンネルを抜けて秋田県に入った。

 下りを終えてひたすら平坦路を走る。向かい風基調でペースが上がらない。

 向かい風で真っ直ぐな道は視覚的に堪える。西日が結構きつくてバテバテ。

 雄物川と並行して走る。

 田んぼに映る自分の影。

 550km地点のPC4に到着、チェックタイムは17:24。

 やっとこさここまで辿り着いたという感じだ。今日のゴールの秋田のホテルまではあと70km、もう一頑張りしなければならない。この後日が落ちて涼しくなって調子が戻ることを期待しつつ、20分程休憩して出発。


 ようやく日が沈んだ。

 山道に入り、ナイトラン開始。気温が下がって来て徐々に調子が戻って来た。
 微妙なアップダウンが続く。脚は回る様になって来たが、昨夜の様な調子の良さまではいかない。ちょっと疲れが溜まって来ているのか。

 晴れた夜空に月が明るい。アップダウンはまだまだ続く。

 1時間程山道を走った後ようやく平地になった。暗闇の中を順調に走る。

 607km地点のPC5に到着、チェックタイムは9/20の20:02。

 ここで先着していたリュウさんに遭遇。リュウさんも同じホテルだった。
 ホテルまではここから12km、ようやく今日の終わりが見えた。

 夕食の弁当を買って直ぐに出発。

 秋田市街に入って信号待ちにガンガン引っ掛かる。久し振りの都会の風景にちょっとほっとする。

 ポートタワーが見えてきた。夜はこんな風にライトアップされているのか。
 秋田市街を外れて登りが出てきた。以前走ったことがあるので覚えてはいたがこんなにきつかったっけ?

 21時にホテル着。予定より1時間程早く着いた。
 自転車の部屋入れがOKなのはありがたい。このホテルには大浴場があるのは更にラッキー。部屋に入って荷物を解き、早速大浴場に向かう。
 風呂で汗と汚れを綺麗に洗い流し、大きい湯船にゆっくりと浸かる。極楽極楽。

 部屋で夕食。

 部屋の窓から見るポートタワー。ホテルはポートタワーの直ぐ傍。
 アラームを5:00にセット。6時間は寝られそうだ。全身が火照って頭がちょっとぼーっとする。風呂に浸かり過ぎてのぼせたか。
 消灯時間は22:30。