Bike Across Japan 2400/レポート2:スタート前日

 4/28(木)、朝8:00に自宅を出発。バイクケースを引き摺って電車に乗り所沢駅で下車、羽田空港行のリムジンバスに乗ろうと乗り場に行くと既にバスが着いていてぎりぎり間に合ったと安堵したのも束の間、係の人に「予約なしだと既に満席」といきなり言われて落胆、止む無く電車移動を覚悟したら再び係りの人から「席があるので乗れる」と言われたので何とかバスに乗ることができた。乗ってみたら席には余裕があるので満席っていうのはどういうことだと訝ったがまあ最終的には乗れたので良しとする。

 10時半過ぎに羽田空港着。

 ゴールデンウィーク直前の空港ロビーはごった返している。手荷物カウンターでバイクを預ける作業はさくっと終了。去年2月の沖縄遠征の時はバイクケースを開けさせられて結構細かくチェックされたのに今回は重さを計っただけでそのまま受け取ってもらった。

 御腹が空いたのでカツサンドを食べる。高い。

 たまたまSTAR WARSジェットに乗り合わせた。そう言われてみれば稚内にゴールした後の5/8はSTAR WARS新作のBDの発売日なのか。
 予定通り12時に機上の人となり、一路鹿児島へ飛ぶ。

 ミレニアムファルコンは結構デカい。こういう洒落はいいね。

 14時に鹿児島空港着陸、ヨーダ特別キャプテンに見送られて飛行機を降りる。マスター・ヨーダは惑星ダゴバで消えたと思っていたらこんな所にいたのか。
 バイクケースを受け取って送迎バスに向かう。

 鹿児島は曇りで微妙に肌寒い。これだと東京の方が気温が高かった。南国の気候を期待していたのに拍子抜けだ。

 バイク輸送用にチャーターされた大型トラックにバイクを積み込む。

 送迎バスの乗車予定者が全員揃っていることを確認して予定通り15時に鹿児島空港を出発。
 空港から佐多岬近くのホテルまでは150km近くあり3時間程の所要時間。ちょっとした遠足気分だ。正直なところスタート前日になってもまだ完走できる自信が持てずに「何でエントリーしてしまったんだろう・・・」という心境からなかなか抜けられずにいたのだが、バスの中で他の参加者の皆さんと会話をするうちに徐々にそんなプレッシャーも薄らいできた。

 桜島は山頂に雲がかかっている。噴火はない様子。地元の運転手さんの話だと、今年は噴火が少ないなと思っていたら熊本大地震が発生したとのこと。やはり何らかの連鎖関係があるのだろうか。

 途中で数日前に岡山1200を完走してそのままBAJ2400に参加するため自走で佐多岬に向かうズッチャさんに遭遇。まあタフの一言。
 18時前にホテル着。

 早速ロビーでは自転車組立大会が始まった。

 自分のバイクも組み立て開始。何か忘れ物をしている様で心配だったが、特段忘れた物は無さそうだ。

 トミナガさんから特製のプレートを頂いて感激!
 バイクを組み上げてちょこっと試走してから風呂に入り、食事前にバイクケースを稚内に送る手配をする。私のケースはヤマト便扱いになるのだが、料金確定に手間取り結果5600円位の金額になったけど、取り敢えず無事に荷受けしてもらった。

 夕食風景。この50余名の参加者が明日稚内に向かって走り出す。ビールを飲んで宴会モードな人もちらほら。

 私は当然ノンアルコールで御飯を御代わりする。

 夕食の席上、ホテルの支配人の方の御厚意で参加者一人一人に日本四極到達証明書なるものが手渡された。今回最南端の分が手に入ったが、無事に宗谷岬に到達できれば稚内で最北端のものが入手できる見込みだ。
 夕食後に全員で記念写真を撮って散会。

 わざわざこんなプラカードを作って頂いて、イベント気分が盛り上がる。
 部屋はオダ埼清水班からの参加者と相部屋。久し振りに会ったアサノさんと会話しつつ床に入る。今日は移動だけだったが疲れが出て直ぐに眠くなった。就寝時刻は22時頃と思われる。