2017BRM708群馬200

 今週末は3連休。今朝は快晴でもう梅雨は明けたんじゃないかと思う程に夏の陽気だ。この休みは色々とやるべきことが沢山あってゆっくりできそうにないが、まずは先週末のBRM708群馬200の走行レポートを片付ける。

    • -

 7/8(土)、朝4時半起床。微妙に眠いが、外は久々の快晴で気分良く起きる。5時過ぎに車で自宅を出発、群馬を目指す。
 高速は渋滞もなく順調に進み、6時半にスタート地点の道の駅よしおか温泉に到着。AJ群馬スタッフさんの誘導で駐車場に車を停め、バイクを降ろして河川敷に向かう。

 ブリーフィング中。今日は”はじめてのブルベ”ということでブルベの基本事項を念入りに説明している。
 今日のコースはよしおか温泉から桐生市街を経由して老越路峠を通過、千葉県野田市にちょっとだけ入った所で折り返し、埼玉県の北の縁を通って再びよしおか温泉に戻って来る200km。

 峠越えは老越路峠一つで獲得標高差は600mちょっとの平坦コース、サイクリングロードが総計50km位組み込まれて確かに初心者には走り易い。2014年のBRM1004群馬200ではこのコースの逆回りを走ったが、前半に老越路峠を越える今回の方が順方向ということらしい。

 ブリーフィングの後に受付、ウェーブスタートの3番目で7:10のスタートになった。
 スタート地点で常連のヨシダさん御会いする。今年は毎週末なんじゃないかと思う程に精力的にブルベを走っておられるヨシダさん、LELにも参加されるので現地で御会いするのが楽しみ。

 先発隊を見送る。

 定刻7:10に車検を受けてスタート。

 日差しは強いが気温はそれ程高くなく涼しいので走り易い。体調もまずまずで脚がそこそこ回るので快調に進む。

 西桐生駅傍を通過。

 桐生市街を抜けると少しずつ登り基調になる。

 橋を渡って老越路峠へ向かう。通過チェックは峠手前の県境にある。

 45.8km地点の通過チェックに到着、チェックタイムは9:07。
[:240]
 ここは写真チェックなので指定された県境のモニュメントをバイクと一緒に撮影して直ぐに出発。
 老越路峠までは2km弱、峠と呼ぶにはかなり緩い坂だ。

 老越路峠通過。今年のBRM415埼玉400の試走の時は夜で真っ暗だったので何も見えなかったが、今日は景色を楽しむことができる。

 ピークを通過して下り。急勾配で道が狭い上に路面状態が非常に悪いのでスピードを殺して慎重に下る。
 これで今日唯一の峠越えは終了。残り140kmはひたすら平坦基調を走ることになる。

 県道66号を田沼方面へ進む。日が高くなってきて気温がぐっと上がってきた。微妙に向かい風基調で走っているうちは前から風を受けるので暑さは余り感じないが、信号待ちで止まったら日差しが照り付けてかなり暑い。

 渡良瀬川沿いに出てサイクリングロードに乗る。ここからPC1の手前まで25kmサイクリングロードを走る。ちょっと向かい風基調がはっきりして来てペースダウン。

 サイクリングロードは木陰がなくて夏の日差しが容赦なく照り付ける。序盤の調子良さがすっかり失せてちょっとへばってきた。2本のボトルも空になって結構きつい。本来快調に走れるはずのサイクリングロードがこの天気で反って苦しいものになっている。

 ようやくサイクリングロードを降りて千葉県に入った。PCは目前。

 108.4km地点のPC1に到着、チェックタイムは11:37。

 暑さでへばって何かを食べる気が失せているので取り敢えずスポーツドリンク2Lとコーラ500mlを買って、2本のボトルを満たして水分1Lをがぶ飲み。この暑さだと相当量の塩が体外に流出しているのは間違いないので干し梅を買って一気食い。20分程休憩して出発。

 江戸川を渡る。群馬県を出発して今千葉県にいるというのがいまいちピンとこない。

 橋を渡ったら埼玉県に入った。休憩の御陰でかなり回復してちょっと調子が戻って来た。

 道脇の街路樹が作ってくれる木陰が涼しくて非常にありがたい。

 昼を過ぎてますます暑さがきつくなりさっきの休憩で一時的に回復したもののしばらく走るうちにまたへばってきた。区間距離は50kmだがこの調子だと間に休憩を入れないとヤバそうだ。PC1を出て1時間程走って、休憩場所のコンビニを探しながら走る。普段のブルベならば半分を過ぎて残り100kmを切るとかなり気分的に軽いのだが今日はかなりしんどい。

 区間のほぼ中間地点にコンビニを見つけて休憩。この店にはイートインがあって涼しい店内で休めるのはかなり有難い。水分を1L飲んで15分程休憩。

 熊谷市に入る。休憩直後は楽になるがちょっと走ると直ぐにへばる。右脚の太腿縫工筋が攣り始めて痛い。大して運動強度を上げているわけでもないのに、これだけ水を飲んで干し梅を食べても駄目なのか。やはりまだ身体が夏に順応していない様だ。ここ数回のブルベは全て雨だったし、日頃から涼しい多摩湖CRしか走っていないので夏耐性ができていないということだ。

 158.5km地点のPC2に到着、チェックタイムは14:09。

 ここもイートインがあったので助かった。麦茶をがぶ飲みしながら、後ろから追い付いてきた実走中のAJ群馬のスタッフさんと会話。その人はこの暑さでもまだまだ余裕がありそうで羨ましい限り。20分程休憩の後、出発。

 残り距離は50km、区間の中間でもう一回休憩を入れようと思っていたら10kmも行かないうちにサイクリングロードに乗ってしまった。確かこのままゴールまではサイクリングロードに乗りっ放しだったので、コンビニに寄るわけにはいかない。途中の水飲み場か自販機を探さなければならないか。

 利根川沿いを時たま右太腿を攣らせながら淡々と走る。多少追い風基調なのがかなり有難い。

 利根川を渡って対岸のサイクリングロードに乗る。ゴールまで残り30km。

 暑さのピークも過ぎ、サイクリングロードに木陰が出てきてかなり走り易くなった。

 ゴールも近くなって微妙に登り始める。普段ならどうということはない坂も暑さでやられた身体には結構堪える。

 何とかゴールに辿り着いた。ゴールタイムは16:06、認定完走時間は8時間56分だった。

 スタッフの皆さん、今日も御世話になりました!

 群馬ブルベの参加得点、よしおか温泉の無料チケット。これが非常にありがたい。ゴールするまで温泉で水浴びすることだけをモチベーションに走り続けていたので、歓談もそこそこにゴール地点を離れて温泉に向かう。

 よしおか温泉でまずは水を浴びる。頭や首筋に冷水をかけ続け、余りの気持ち良さに唸り声が出っ放し。ひとしきり身体を冷やして露天風呂に入る。温めの御湯にのんびり浸かってもう極楽極楽、今日の苦行は一体どこへやらという感じ。
 心身共にすっきりして温泉を出て、17時半に道の駅を離れる。高速は多少渋滞があったものの19時には帰宅、これにて遠征ブルベは終了した。

    • -

 今回の走行軌跡はこんな感じ。

 AJ群馬の”はじめてのブルベ”は何度か走ったが、コース的には個人的にはサイクリングロードを走るのは走り易くて好きなので今日のコースが一番良かったと思う。ただやはり今回の様に晴天酷暑になると、様相が一変して非常に厳しいものになる。今回のブルベが初めてだった人達にはかなり堪えたのではないかと想像するが、これでブルベが嫌いにならないことを願う。このコースは春先か晩秋にやるのがベストではないだろうか。

 次のブルベはいよいよLELだ。今回のブルベでLEL用のバイクセッティングを試そうと思っていたので結局準備ができず、今日の時点でもまだ何も手を付けていないので気持ちばかりが焦り気味。この3連休でバイクとナビデータのセットアップは終わらせないとかなり危うい。兎に角準備に着手しなければ。