2018BRM713北海道1000/レポート3:Day2/紋別->帯広(331.1km/647.1km)

 7/14(土)、5:30に目が覚めた。6時までにはもう少し寝られるが眠気はないので起き上がって準備を始める。

f:id:gearmasher:20180714053745j:plain

 部屋の窓から外を眺める。曇りがちだが天気はまずまず。空気はひんやりしているが寒いという感じではない。気温15℃はある感じ。

 昨日買ったパンを食べつつ身支度、ウェアは昨日と同じく伴走でジャージにレーパンで問題ない。身体的にも特に痛い所はなく、疲労感も薄いので今日も問題なく走れそうだ。

f:id:gearmasher:20180714061518j:plain

 6:15にホテルをチェックアウト。緩々とリスタートする。

 スタート直後にいきなりミスコースしてしまったが、直ぐに気が付いてコースに復帰。人気の全くない紋別市街を緩々と走る。早朝の清々しい空気が気持ち良い。

 今日のコースは紋別から網走、陸別、浦幌町を経由して帯広まで行く331km。

  山岳は中間地点の陸別がメインだが、前半のサロマ湖畔は結構アップダウンがあって獲得標高差は2000m弱。数値的には昨日よりは少ないし、サロマ湖畔や陸別までの登りは過去に走ったことがあってある程度素性は分かっているのでプレッシャーは少ない。帯広には日付が変わる前には確実に到着したいところだ。

f:id:gearmasher:20180714062729j:plain

 紋別の港が見える。

f:id:gearmasher:20180714062857j:plain

 紋別市街を抜けて国道238号に復帰、左折して網走に向かう。今日最初の通過チェックまでは区間距離107kmと長いが一気に行く予定。

f:id:gearmasher:20180714063513j:plain

 早朝の国道238号は車通りが少なく落ち着いて走ることができる。今日も極力疲労を溜めない様に、心拍は常にLSDレンジに入れておくことを意識して走る。

f:id:gearmasher:20180714064039j:plain

 微妙な勾配の登りが長い。網走まで101km。

f:id:gearmasher:20180714070854j:plain

 札幌スタートから336km地点、湧別町に入る。全行程の1/3を消化。

f:id:gearmasher:20180714072541j:plain

 湧別町の街中。右折して国道238号をトレースしていく。

f:id:gearmasher:20180714075147j:plain

 網走まで70km。時折参加者達と出会う。一声かけつつ先に進む。

f:id:gearmasher:20180714075633j:plain

 登り坂の勾配がはっきりして来た。そろそろサロマ湖周辺のアップダウン区間に差し掛かったか。

f:id:gearmasher:20180714075957j:plain

 坂を登って下る途中の道の駅は良く憶えている。下った先にサロマ湖が見える。

f:id:gearmasher:20180714080250j:plain

 サロマ湖畔に出た。対岸が全く見えないので海にしか見えない。

f:id:gearmasher:20180714080514j:plain

 アップダウン区間が本格的に始まった。過去ここを走った時はきつかったイメージしかないのだが今回もやはりきつい。勾配がきついわけではないのだが何故だろう。

f:id:gearmasher:20180714081317j:plain

 363km地点、佐呂間町に入る。

f:id:gearmasher:20180714082214j:plain

 目を凝らすと対岸らしきものが薄っすらと見える。それにしても大きい湖だ。

f:id:gearmasher:20180714084121j:plain

 湖の直ぐ脇まで降りてきて平坦基調になった。風の影響もなく順調に進む。

f:id:gearmasher:20180714084204j:plain

 記念写真を撮っていく参加者の姿も。

f:id:gearmasher:20180714084949j:plain

 湖畔を離れて再びアップダウン区間に入った。

f:id:gearmasher:20180714090023j:plain

 382km地点、北見市に入った。ここは北見市なのか、イメージ的には北見市はもっと内陸部にある感じだが、いまいち位置関係がきちんと把握できていない。要するに北見市はでかいということか。

f:id:gearmasher:20180714090331j:plain

 いつの間にか青空が広がって来て、夏の北海道らしい風景になって来た。網走まで43km。

f:id:gearmasher:20180714090417j:plain

 青空と緑の畑が目にも鮮やか。

f:id:gearmasher:20180714090725j:plain

 日差しが出てくると気温がぐんぐん上がって暑くなってきた。

f:id:gearmasher:20180714092501j:plain

 常呂町通過。街中のコンビニでは参加者の皆さんが多数休憩中。私も休もうかと思ったが、もうちょっと頑張ろうかと思って素通りする。

f:id:gearmasher:20180714092542j:plain

 紋別を出て77km、常呂川を渡る。通過チェックまではあと30km。

f:id:gearmasher:20180714093315j:plain

 オホーツクサイクリングロードの入口。キューシートではサイクリングロードの走行可となっていたが、パラダイスウィークで走った時は車止めが結構あってあまり走り易いという印象はなかったので今回はそのまま一般道を走ることにする。

f:id:gearmasher:20180714093904j:plain

 398km地点、網走市に入った。市街までは27km。

f:id:gearmasher:20180714094234j:plain

 能取湖が見えて来た。

f:id:gearmasher:20180714095115j:plain

 干潟っぽい浅瀬がある。こちらはサロマ湖とは違って対岸がはっきり見えるので湖っぽい。

f:id:gearmasher:20180714100550j:plain

 SLが飾られていた。サイクリングロードは廃線となった鉄道跡に作られたみたいなので、かつてそこを走っていた車両なのかも知れない。何となくノスタルジック。

f:id:gearmasher:20180714101315j:plain

 気温が上がってちょっとバテ気味になって来た。最近どうも暑さに弱くなった気がする。網走までは12km、あと30分の我慢だ。

f:id:gearmasher:20180714101553j:plain

 一般道は結構アップダウンがあったのでサイクリングロードを走った方が良かったかも、と微妙に後悔。

f:id:gearmasher:20180714102109j:plain

 網走湖畔を走る。通過チェックはもう目前。

f:id:gearmasher:20180714104235j:plain

 422km地点の通過チェックCに到着、チェックタイムは7/14の10:28。

f:id:gearmasher:20180714104347j:plain

 御腹が空いたのでお好み焼き&焼きそばとのむヨーグルト1Lでしっかり補給する。のむヨーグルトはこれ1本で700kcalを摂取できる優れもの、全部で1500kcalをがっつり補給。30分程休憩して出発。

f:id:gearmasher:20180714110326j:plain

 しっかり休憩して調子も復活。内陸部に向かって走り始める。美幌町まで27kmとは網走から結構近いんだな。

f:id:gearmasher:20180714112148j:plain

 431km、大空町に入る。

f:id:gearmasher:20180714113017j:plain

 メルヘンの丘。農地に数本の木が立っているだけでそれらしさが表現できるのが北海道の凄いところ。

f:id:gearmasher:20180714113425j:plain

 大空町の街中を通過。女満別空港が近いらしい。

f:id:gearmasher:20180714114228j:plain

 暑い。向かい風基調でバイクが思うように進まずちょっとバテ気味になって来た。

f:id:gearmasher:20180714114845j:plain

 紋別から126km、美幌町に入った。

f:id:gearmasher:20180714120040j:plain

 パトカーが何台か停まっていて交通整理をしているので何事かと思ったら交差点の真ん中でトラックが横転していた。ぼさーっと走っていたところに緊張が走る。

f:id:gearmasher:20180714120440j:plain

 美幌町の街中に入った。左折すると美幌峠だが進行方向は右折。

f:id:gearmasher:20180714120936j:plain

 美幌町のこの道は何度か往復したことがあるのでこの風景は良く憶えている。直進すると北見市方向だが今日は左折。

f:id:gearmasher:20180714121037j:plain

 津別まで15kmか。予定では陸別まで一気に行くつもりだったが、ちょっと暑さで辛くなったので津別辺りで休憩を入れた方が良さそうだ。

f:id:gearmasher:20180714121700j:plain

 芳香なネギの匂いが漂う畑を通過。玉ねぎ畑なのか。

f:id:gearmasher:20180714125509j:plain

 スタートから465km、紋別から150kmの津別町の街中のセイコーマートで休憩。暑さでバテ気味だったのでしっかり水分補給。15分程休憩して出発。

f:id:gearmasher:20180714130749j:plain

 津別町を抜ける。休憩してちょっと復活。陸別までは40km。

f:id:gearmasher:20180714131801j:plain

 いい感じに雲が広がって来た。日差しが無くなって楽になった。天気が良いのは見た目には良いのだが、ブルベで走る分には夏場はきつい。なかなか難しい。

f:id:gearmasher:20180714132752j:plain

 陸別への分岐点、道道51号方面に右折する。

f:id:gearmasher:20180714133809j:plain

 ここから陸別までは一直線。陸別までは30km。

f:id:gearmasher:20180714140643j:plain

 道路標識に帯広の文字が出て来た。あと117kmとあるが、コース的には浦幌町経由なのでまだ160km走らなければならない。大粒の雨が落ちて来た。スコールが来たかと身構えたが直ぐに止んだので一安心。車通りの全くない一本道を淡々と進む。陸別まではあと18km。

f:id:gearmasher:20180714141918j:plain

 そろそろ登りがちになって来た。今日の最高標高地点に向かう。

f:id:gearmasher:20180714142213j:plain

 2016年のBRM715北海道1200の時に走った時はそれ程きつくなかったに、今日はバテ気味なのかちょっときつく感じる。えっちらおっちら登って行く。

f:id:gearmasher:20180714142347j:plain

 今日の最高標高地点を無事通過。陸別まではあと13km。

f:id:gearmasher:20180714143949j:plain

 一旦登ってしまうと陸別市街まではほぼ平坦基調。陸別は山の上の街だということが良く分かる。

f:id:gearmasher:20180714145055j:plain

 陸別市街に入った。休憩ポイントは目の前。

f:id:gearmasher:20180714145724j:plain

 504.5km地点の休憩ポイント2-1に到着、チェックタイムは14:46。

f:id:gearmasher:20180714151319j:plain

 陸別を通過するのは3度目だが停まって休憩するのは今日が初めて。陸別は会社の労働組合関係でゆかりのある土地で名前だけは良く聞いていて漠然と親近感を覚えていたし、長年勤めた役員を今年退任する予定だが最後の年に立ち寄れたというのも何となく感慨深いものがある。

f:id:gearmasher:20180714145259j:plain

 廃線となった駅跡の道の駅。今ではりくべつ銀河鉄道と名前を変えて一部区間で列車が走っているらしい。

 20分程休憩して出発する。

f:id:gearmasher:20180714151816j:plain

 陸別を出ると直ぐに長い下り、しばらくは脚を動かさなくても済む。次の目標は浦幌町にあるPC2、距離88km。

f:id:gearmasher:20180714152454j:plain

 と思ったらいまいち下りっぽくなくて脚を回さないと前に進まない。前回の記憶が間違っている様だ。向かい風基調もあって緩斜面が下りに思えない。期待外れでのろのろと進む。

f:id:gearmasher:20180714152632j:plain

 紋別から192km、足寄町に入った。

 徐々に下りがはっきりして来て脚を止めても進み始めた。そこそこスピードが出てくると今度は荒れた路面が気になりだした。路面に横方向の割れ目が一定間隔で続いて結構な衝撃が延々と続く。冬場にアスファルトの下に入り込んだ水が凍結してアスファルトを割ってしまうのが原因らしい。車通りも多く結構なスピードで追い抜いていくのでかなり神経を使わされる。

f:id:gearmasher:20180714162441j:plain

 長い下り基調を終えて緊張が緩み、平坦基調を淡々と走る。足寄市街まではあと5km。

f:id:gearmasher:20180714164119j:plain

 足寄市街に入ってトイレに行きたくなったので休憩を入れる。

f:id:gearmasher:20180714164232j:plain

 トイレ傍の足寄駅後の建物を外から眺める。

f:id:gearmasher:20180714164327j:plain

 スタートから538km地点、足寄市街を抜ける。

f:id:gearmasher:20180714165532j:plain

 足寄町を抜けて更に南下する。向かい風基調は相変わらずでペースが鈍るが疲れない様に無暗に風には逆らわず踏めるペースで淡々と走る。本別まで11km。

f:id:gearmasher:20180714171924j:plain

 本別の街中に入った。

f:id:gearmasher:20180714172245j:plain

 本別で久し振りの渋滞に引っ掛かる。この先を左折して国道274号に乗る。

f:id:gearmasher:20180714172456j:plain

 左折した途端に登り坂が始まった。勾配も結構きつい・

f:id:gearmasher:20180714172609j:plain

 ずっと先まで登っていて直ぐに終わる気配がない。この坂の存在を事前の地図読みで完全に見落としていた様だ。えっちらおっちら登って行く。

f:id:gearmasher:20180714173311j:plain

 視界の先にトンネルらしきものが見える。あそこが山頂なのか?スタートから240km、浦幌町に入る。

f:id:gearmasher:20180714173443j:plain

 5%超の坂を2km以上登ってようやく山頂通過。きつかった。浦幌市街までは37km。

f:id:gearmasher:20180714174141j:plain

 道道56号に入った。PC2までは40kmを切っているので2時間かからずにつくはずだ。さっきの坂を越えて微妙に疲労感が出て来た。

f:id:gearmasher:20180714175756j:plain

 向かい風基調は相変わらず。このまま暫く南下するのでずっと向かい風が続くのかと思うとげんなりする。

f:id:gearmasher:20180714180756j:plain

 道端の小さな牧場に牛がいた。そう言われてみれば今回の北海道上陸で、ちゃんと牧場の動物を見たのはこれが初めてかも知れない。f:id:gearmasher:20180714182257j:plain

 ちょっと長めの下り坂で楽ができたがアップダウンの道は続く。車通りがほぼないので落ち着いて走ることができるのでそれ程悪印象はない。

f:id:gearmasher:20180714183653j:plain

 時刻は18時半を過ぎている。もうどの位この区間を走っているのか良く分からなくなってきた。できれば暗くなる前にPCに着きたいのだが微妙になって来た。

f:id:gearmasher:20180714184507j:plain

 やっと浦幌町まで10kmを切った。

f:id:gearmasher:20180714184913j:plain

 向い風は何となく強くなってきた感じで更にペースは落ちている。一体いつ終わるのか、この道はとても長い。

f:id:gearmasher:20180714190035j:plain

 やっと浦幌町に入った。PCは目前。

f:id:gearmasher:20180714190920j:plain

 スタートから592.3km、紋別から276.9km地点のPC2に到着、チェックタイムは7/14の18:55。ぎりぎり明るいうちに辿り着いた。

 到着した時、ちょうどカワダさんやサトウさん、北海道のタナカさん達が出発するところだった。

f:id:gearmasher:20180714191110j:plain

 ここまでの向かい風でちょっとばてたのでゆっくり休憩。30分近く休んで出発。

f:id:gearmasher:20180714192636j:plain

 浦幌町を抜ける。日も暮れてナイトラン開始。次はいよいよ帯広、PC3までは50kmだ。あと3時間で今日は終わる見込みだ。もう一頑張り。

f:id:gearmasher:20180714192736j:plain

 国道38号に乗って一路帯広を目指す。

f:id:gearmasher:20180714195916j:plain

 国道38号に乗って追い風になった。日も落ちて気温が下がったこともあり調子が戻って来た。快調に飛ばす。

f:id:gearmasher:20180714200222j:plain

 紋別から294km、十勝川を渡る。今日のゴールまであと40kmを切った。

f:id:gearmasher:20180714202458j:plain

 幕別町に入った。

f:id:gearmasher:20180714203155j:plain

 暗闇になって登っているのか平坦なのか良く分からなくなってきたが、何となく登り基調の道が延々続く。しかし追い風基調で脚は快調に回るのでガンガン進む。

f:id:gearmasher:20180714204057j:plain

 紋別から312km地点、幕別町通過。

 それにしても最後の最後でこの追い風基調は嬉しい誤算。浦幌町までの向かい風での遅れを一気に取り戻せる感じだ。どんどん進む。

f:id:gearmasher:20180714205409j:plain

 地平線に薄っすら明かりが見えて来た。多分あれは帯広の街の明かりだ。もう近くまで来ているのかと思うと元気が出てきた。

f:id:gearmasher:20180714205857j:plain

 もう少しで帯広というところでカワダさんに追い付いた。PCまで一緒に走る。

f:id:gearmasher:20180714212604j:plain

 スタートから642.7km、紋別から327.3km地点のPC3に到着、チェックタイムは21:15。

f:id:gearmasher:20180714212829j:plain

 ホテルまでは4kmなのでレシートを入手して直ぐに出発する。カワダさんとはここで別れる。

f:id:gearmasher:20180714213157j:plain

 十勝大橋を渡って帯広市街に入る。

 帯広の都会の街並みを見ると妙にホッとする。帯広はパラダイスウィークの時以来か。市街のセイコーマートに寄って夕食を買い込み、21時半過ぎにルートから200m程逸れたホテルに無事到着。22時前に到着できたのは上出来、これで睡眠時間を十分確保することができる。チェックインでバイクの部屋入れを快諾してもらい、部屋に入る。

f:id:gearmasher:20180714215615j:plain

 ベッドはダブルの部屋しか予約できなかった。値段は高かったが、コースからそんなに離れていないというのはこういうロングレンジのブルベでは非常に有り難い。

f:id:gearmasher:20180714215627j:plain

 バイクを部屋に持ち込めるとバッグその他の荷物を外して運ぶ手間が省けるので非常に有り難い。

 速攻で電装類の充電をセットし、シャワーを浴びてすっきりする。

f:id:gearmasher:20180714221808j:plain

 夕食はやはりセイコーマート、しっかり食べる。明日の朝食は当然豆パン、莫迦の一つ覚え。

 明日の起床は6時で6時半スタートの予定。アラームをセットしてちょっとだけネットチェックをして23時過ぎに消灯。