忘年会アタック

 ブログのネタが結構溜まっているのだが、ここの所何かしら忙しい感じでブログを書くのが滞っていた。もう10日も前のことだが11/16〜11/17に行われたオダックス埼玉の忘年会アタックの走行レポートをちゃちゃっと書く。

    • -

 忘年会アタックとは、要するに宿まで走ってそこで忘年会がてら1泊し翌日走って戻ってくるというイベントである。オダックス埼玉では毎年の恒例行事で、私自身は2010年に一度参加したことがある。今年はどうしようかと思っていたが11月の走行距離が余り伸びていなかったことと降って湧いて来た”とある事情”があって参加することにした。

 11/16朝、完璧な快晴の下、7:30に自宅を出発。スタート地点の入間豊水橋を自走で目指す。

 8時前に現地着。いつものブルベとは違いのんびりムード。搬送車に荷物を預けたら三々五々スタート。緩々と走り始める。

 目的地は忘年会アタック定宿の群馬は片品村のぬく湯荘。往路はスタートからずっと平坦だが最後にぐぐっと標高1000m越え。復路は赤城山ヒルクライムTTをやって再び入間に戻ってくる。片道140km程。
往路

復路


 文句なしの快晴。奥武蔵の山々が清々しい。

 名所ガリガリ君の工場前通過。私は氷菓タイプのアイスは好きではないので全く食べない。

 前橋の群馬県庁前の並木。

 前橋ドーム。

 利根川沿いの並木道。

 程無く89km地点のPCに到着。時刻は12:20。

 ここで御知り合いの見送りにきていたAJ群馬のスタッフさんに遭遇。会話を交わしつつのんびりと休憩。


 この交差点を曲がるとぼちぼち登りが始まる。

 ぼちぼち山道に入っていく。気温も丁度良く絶好のサイクリング日和。

 柿畑。この辺りのひなびた村落の中を走ると、そこはかとなく懐かしい風情に和む。

 渓谷に架かる鉄道橋。

 遠くの山々は既に雪化粧。

 目的地まで20km足らず。この辺りから登りが本格化する。

 紅葉林の山道はとても静か。心静かに淡々と登る作業が精神衛生上とても宜しい。

 程無くピークの背嶺トンネルに到着。後は数km下ってゴール。


 無事に到着。時刻は15:15。

 宿にはまだ誰も着いていなくてちょっと早過ぎた。こんなことなら途中で道草食っていけばよかったとちょっと後悔する。そのうちスタッフさん達が到着してきたので挨拶などしつつ風呂が沸くのを待つ。16時過ぎに風呂に入ってのんびり温まる。

 部屋に戻って風呂上がりのコーラで独り乾杯。宿の軒先の自販機のコーラはこの一本で売り切れ。
 宴会開始は19時とのことで、それまで炬燵に入って横になる。ぼちぼち他の参加者達が集まって来て宿の中が徐々に賑やかになって来た。

 19時になったので宴会場に行く。

 囲炉裏で焼く鮎?が美味しそう。
 宴会場に集まった人数は40人位。

 宴会開始。いきなり白御飯が出てくるあたり、さすがサイクリストの忘年会といったところか。
 ひとしきり食べて飲んで一次会は終了。二次会は別室。

 参加者全員の自己紹介の後は、恒例の来年のブルベのコース紹介。その中でも特筆すべきは来年のゴールデンウィークに開催される総距離2700kmの日本縦断ブルベ!(詳しくはいずれ書く)
 そしてオダックス埼玉の新しいスタッフの紹介。かのクロサワさんと私が紹介された。”とある事情”とはこのことだ。一か月程前に近所に御住まいのスタッフの清水さんから勧誘され、断る理由もないことから引き受けさせて頂くことになった。正直まだピンと来ていないので、これもまたいずれ書くことにする。
 2次会では多くの方々とじっくり話すことができて非常に有意義であった。(御開きまで居座って少々呑み過ぎた)

 11/17朝、目覚めると二日酔いと睡眠不足で気持ち悪い。

 今日も快晴。ピリッとした冷たい空気で少しだけ身体が覚醒した。

 朝食、二日酔い解消のためしっかり食べる。

 全体記念撮影をしてスタート。

 赤城山ヒルクライムTTのスタート地点まで走る。結構ハイペースなので付いていくのがキツい。こんなことなら昨日呑み過ぎなければ良かったの今更後悔しても遅い。

 今日も山々の景色はばっちり。

 ヒルクライムTTのスタート地点到着。遅い人から順にスタートとなるが、あろうことか私は速い人と言うレッテルを貼られて最終組に回される。スタッフさんから「負けたら坊主!」とかプレッシャーをかけられるが何とも困ったことになった。

 スタート。案の定、他の4名の集団にいきなり置いて行かれてみるみるうちに姿が見えなくなってしまった。まあ、これが実力なのでさして悔しさもなく、15kmのヒルクライムをとりあえずマイペースで登っていく。

 標高1000m通過。今年最後のなるであろう本格登坂を楽しみつつも、時々込み上げてくる酸っぱいものを我慢しながらそれなりに頑張って登る。そこそこ汗も掻いてきた。

 山頂通過。後は湖畔まで下って終わり。

 ゴール。折角タイムを計ってもらったのに聞くのを忘れた。莫迦

 大沼湖畔。

 ゴール地点でしばしの休憩の後、帰途に就く。

 入間までは100km足らずなので無休憩で走ることに決めた。

 酒がなかなか抜けないのでだらだらと走る。チューハイを呑み過ぎたせいなのか、甘い酒はどうも抜けが悪い。

 坂東大橋通過。午後の日差しが結構強くてそこそこ汗を掻いたせいか、少し抜けてきた気がする。

 16:00に入間豊水橋に着。まだ誰も戻って来ていなかったので、しばし待つことに。恐らく観光地帰りの車で高速も下道も渋滞していてスタッフ車も嵌ってしまっているのだろう。明るいうちに家に帰ろうと思っていたが、状況をミスリードしてしまった。
 30分程経ってからぽつりぽつりと参加者が戻って来た。

 17時半頃に漸くスタッフ車到着。荷物を受け取る。この頃には殆どの参加者が戻って来ていて賑わっている。
 帰りはオダックス埼玉スタッフのシミズさんとスガタさんと一緒に自走で自宅を目指す。18時過ぎに無事帰宅、今シーズン最後のサイクルイベントは終了した。

 今年はもうロングライドはないと思うが、最終イベントは天気にも恵まれ晩秋のサイクリングを存分に堪能することができた。残りの一月余りはLSD中心でのんびり走ろうと思う。