BRM905東京200

 BRM905東京200を走って既に10日以上経っているが、PBPのブログ執筆の遅延に引き摺られてここまで来てしまった。今週末から埼玉1000を皮切りに3週連続のブルベなので更に原稿が溜まってしまう。さっさと書いてしまおう。

    • -

 9/5、3時半起床。そそくさと身支度をして4時過ぎに自宅を出発。一般道のみで新横浜を目指す。
 5時半前に新横浜駅近くのコインパーキングに車を停め、バイクを降ろして1km程離れたスタート地点に向かう。

 スタート地点は交差点の歩道上に設営されていた。時間的にちょっと危うかったが、何とか間に合って受付を無事済ませる。
 イーチョさんやシン3さんに会った。

 日産スタジアムの直ぐ傍。

 イーチョさんの背負う非常用持ち出し袋はこの界隈ではかなり有名。

 6時にスタート。緩々と走り始める。

 今日のコースは新横浜から半原峠、牧馬峠、甲武トンネル、梅ヶ谷峠を繋ぐ獲得標高差2800mの中級山岳コース。

 半原峠は過去に走った覚えがないがそれ以外は全て登ったことがあるし繋ぎのルートも良く知っているので特に問題となることはない。

 PBPから戻って日も浅いので200kmという距離がとても短く感じられる。気分的にはリカバリーランのつもりで、特にPBP終盤で痛めた右膝が癒えたばかりなので、極力無理しない様に走る。

 序盤の市街地をペース走。後続からガンガン抜かれるが気にしない。空は雲が多いが晴れ。気温も涼しい位でサイクリングコンディションとしてはかなり良い。

 厚木市に入る。結構な渋滞。

 平塚市に入る。

 39km地点のPC1に到着、チェックタイムは7:40。

 今日はPC及び通過チェックを含めて全部で5か所立ち寄るので区間距離が短い。補給もそれぞれ軽めになる。15分程で出発。

 PCを出て直ぐに歩道を徒歩で鉄道をくぐるか所あり。

 伊勢原市に入る。

 何となく登りがちになって来た。右膝は特段の違和感もなく取りあえず今のところは大丈夫だが負担をかけない様にそろりと登る。

 清川村に入る。

 津久井・宮が瀬方面に向かう。
 このまま宮が瀬湖に向かうと思いきや途中で右折。R東京のスタッフさんが誘導の為に曲がり角で待機していた。

 直ぐに登りが始まる。これがどうやら半原越えの始まりの様だ。序盤の勾配は結構きつい。

 細い林道をえっちらおっちら登る。


 山頂通過。

 下りを終えると走り慣れた国道412号に出た。

 67km地点の通過チェック1に到着、チェックタイムは9:18。

 ここでも休憩は15分程。

 宮が瀬湖畔を通過する。

 道志道を横切って、牧馬峠への登り開始。

 勾配はそこそこきついが距離はそれ程長くない。


 山頂通過。
 相変わらず輪っかだらけの下りの路面は走り辛い。下りを終えてほっと一息

 ここからの林道が良い感じ。

 夏の名残りの中で走る林道は爽やか。

 日蓮大橋の手前で左折、秋川方面に向かう。

 秋川橋を渡る。

 上野原市に入る。

 95km地点のPC2に到着、チェックタイムは10:52。

 そこそこ暑いのでコーラで水分補給。プリンを1個食べる。15分程で出発。

 PCの直ぐ近くで御祭をやっていた。

 甲武トンネルへの登り開始。距離は長いが勾配はそれ程でもない。PBPで平原や緩い丘をさんざん走って来たので、こういう森に囲まれた登りらしい登りは新鮮に感じられて楽しい。


 山頂到達。
 トンネルを抜け下りに入る。上川乗までの下りは結構急勾配、一気に下る。

 上川乗過ぎて日野原街道を五日市方面に下り基調で進む。

 五日市駅前通過。

 ちょっと走って梅ヶ谷峠に登り始める。
 今日最後の峠越えは勾配はきつめだが距離は短い。


 さくっと山頂通過。

 下りが終わってこの交差点を右折すれば通過チェックは直ぐ。

 136km地点の通過チェック2に到着、チェックタイムは13:01。

 ここで一人のサイクリストと会話、20分程休憩して出発する。

 滝山街道から高尾街道のアップダウンは何度も走っているので織り込み済み。

 163km地点のPC3に到着、チェックタイムは14:42。

 後36kmなのでジュースを1本飲んで10分程で出発。

 野猿街道に入った辺りから渋滞が激しくなり、信号にもどんどん引っかかってぱったりペースが上がらなくなる。PBPで殆どノンストップで郊外の道を走り続けていたのでこれはかなり堪える。うまく行けば16時にはゴールできるかと思ったがこのペースだと全然無理そうだ。

 尾根環を過ぎて横浜方面に近づく程に渋滞が酷くなっていく。道が細いし、路肩を強引に渋滞すり抜けしたくなるのをぐっと我慢して安全走行を心がける。

 都筑区に入る。ゴールまで10kmを切った。


 ゴールに到着。チェックタイムは16:49。

 麦茶を飲んでゴール受付に向かう。

 ゴール地点から2km程先の公会堂の広場でゴール受付。無事に認定手続きを終えた。

 R東京のスタッフの皆さん、御世話になりました。

 そそくさとその場を後にし駐車場に向かう。駐車場までの距離が思いの外遠くてちょっと迷ったが何とか辿り着いて帰途に就いた。

 帰りもあちこちで大渋滞につかまり、雨も降り出して、結局自宅に帰り着いたのが20時。無事に今日のブルベは終了した。

    • -

 PBPから戻って来て、峠越えを幾つも走ることができて日本の山道はやっぱり楽しいと認識を新たにすることができたリカバリーランにはもってこいの楽しいブルベだった。ただゴール前20km位と車での帰宅途中の渋滞にはちょっとやられた感じ。でもこれも日本に帰ってきたことを十分に感じさせてくれるシチュエーションだった。
 次はいよいよ埼玉1000、急いで準備をして確実な完走を目指したい。